Cosmetic Surgery Face Anti-Aging

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注射によって得られる効果

美容外科でおこなわれる、顔へのヒアルロン酸注射には高い人気があります。得ることのできる効果が、非常に多いからです。 そもそもヒアルロン酸とは、肌に潤いや弾力を与える美容成分です。年をとると肌で作られにくくなるのですが、そのため肌は乾燥したりたるんでシワになったりするのです。しかしヒアルロン酸注射で補充すれば、若い時と同じように、肌には潤いや弾力が与えられます。つまり加齢による乾燥やシワを防ぐことができるわけです。 加齢ではなく、表情による眉間などのシワができている場合でも、ヒアルロン酸注射をすれば、物理的に埋めることができます。さらに、生まれつきの骨格で顎が丸かったり鼻が低かったりする場合でも、ヒアルロン酸注射によりシャープな顎や高い鼻にすることが可能です。 このようにヒアルロン酸注射は、顔に色々な美容効果をもたらしてくれるのです。

非動物性で高分子のヒアルロン酸

一口にヒアルロン酸と言っても、いくつかの種類があります。まずは、動物性のものと非動物性のものです。鶏のトサカなどから抽出されたものが動物性ヒアルロン酸で、植物から抽出されたりバクテリア発酵によって作られたりしたものが非動物性ヒアルロン酸です。また、分子構造に手を加えて作る、低分子ヒアルロン酸や高分子ヒアルロン酸もあります。 現在はヒアルロン酸注射には、非動物性で高分子のヒアルロン酸が選ばれることが多いです。なぜなら非動物性だとアレルギー症状を起こす可能性が低く、高分子だと吸収されにくい分体内に長く留まることになるからです。つまり、安全性が高く効果の持続期間が長いわけです。 そのためほとんどの美容外科で、非動物性で高分子のヒアルロン酸が使われています。