Cosmetic Surgery Face Anti-Aging

紫外線対策をしよう

紫外線と乾燥を避けるようにします

しわの原因は様々なものが考えられますが、中でも紫外線による肌のダメージでできるしわには注意が必要です。肌は表皮と真皮層からできていますが、紫外線はこの真皮層にまで到達し、コラーゲンやエラスチンという肌の土台ともいうべきものを傷つけます。そのため、土台の崩れた肌にはしわができるということになります。また紫外線は水分も奪うため、表皮のしわの原因ともなります。予防法は、徹底的に紫外線を避けることしかありません。日傘や帽子を使用し、日焼け止めやUVカット化粧品を使用します。 表皮には細かなしわができることが特徴です。原因は肌の乾燥によるもので、乾燥肌の人は20代から保湿を心がけたお手入れをすることが大切です。通常の化粧品は角質層にしか到達せず、真皮層には届きませんが、乾燥肌の人はまず角質層の保湿ときめを整えることが大切です。通常の保湿化粧品によるお手入れを欠かさないようにします。

原因にあった対策を考えることが大切です

しわは一般的な紫外線や水分不足、加齢によってできるだけではなく、表情筋の動きでできるものや、顔の筋肉の老化によるものがあります。笑った時にできるしわが、若いころは一晩で消えていたのに加齢とともに消えなくなって残っていきます。しかし、笑った時にできるシワは容認できるという人もいて、感じ方に個人差が現れる部分ではあります。顔の筋肉の老化は、表情が乏しかったり、筋肉を動かさないでいるうちに筋肉がたるみ、しわとなって現れるものです。意識して顔の筋肉のトレーニングをすることで、筋力を上げることはできます。 ダイエットをしている人が気をつけなくてはならないものに、痩せすぎによるしわがあります。特に、無理なダイエットで急激に体重を落とした場合には顔だけではなく、体にもシワができます。 スキンケアのし過ぎも原因となりますので、注意が必要です。マッサージのし過ぎや、間違ったマッサージなどは特に危険です。また洗顔のし過ぎで皮脂の分泌を狂わせてしまうことも原因となります。 一般的にしわの原因と考えられている紫外線や乾燥のほかにも原因は様々です。原因を見極めて、それに合った対策が必要です。